ふらふら関西

Flab-Hula KANSAI

2005年01月

rail3
パリの地下鉄の一部(1,4,6,11,14号線)の車両は、ゴムタイヤ式になっています。 ゴムタイヤ式は、騒音が少なく乗り心地が良いということですが、最大手のタイヤメーカーであるミシュランの国だからという話もあります。(^^)
In Paris the subway car on specific routes(1, 4, 6, 11,14th line) runs with the rubber tyre. With the rubbuer tyre, the noise is few and it's comfortable to ride. It may be partly because France has the biggest tire manufacturer Michelin. :-)
rail4
案内用のレール二本の外側にタイヤが通る帯状の板部分がみられます。 (2004-2005年冬 フランス/パリ)
Along outside of two guide rails, you can see slender boards that the tires pass. (Winter of 2004-2005, France/Paris)

rail1
フランスの駅では、自転車がちらほらと見かけられます。
At the platforms in France, some bicycle are seen here and there.
rail2
フランスの新幹線「TGV」でも自転車のマークがあり、荷物スペースに自転車を載せられるようになっています。 (2004-2005年冬 フランス/ニース)
There is a mark of the bicycle on French super express "TGV". Bicycles can be put on the luggage space in the train. (Winter of 2004-2005, Nice/France)

road5
フランスはビッシリと詰まった路上縦列駐車で有名です。 「PAYANT」というのは有料という意味で、パーキングチケット発給機が歩道にありました。
France is famous for the closely packed parallel parking of the roadside. "PAYANT" means pay parking space, and parking ticket vending machines are seen on sidewalks.
road6
二輪車用のスペースには、車止めが建てられて、車が停められないようになっています。
At the space for the two-wheeled vehicles, poles are built to prevent cars come in.
road7
店舗の前には、商業スペースと思われる張出しがあったり、「LIVRAISON」と標示された荷さばきスペースがあります。 荷さばきスペースは、一般の駐車は禁止されているはずですが、しっかり駐車されていました。 (2004-2005年冬 フランス/ニース)
In front of the store, there seems to be a place for the store on the road and there's a load space displayed as "LIVRAISON". As you see, the load space seems to be parked though is prohibited a general parking. (Winter of 2004-2005, Nice/France)

このページのトップヘ