ふらふら関西

Flab-Hula KANSAI

2015年11月

御堂筋の本町からなんばの間でワンダーストリートという催しが行われました。
心斎橋から北では、フェラーリF1の走行に始まり、フェラーリ100台パレードなどが、心斎橋から南では各種のステージやブースが並びました。
想像以上の人出で、F1は撮影できず。(^^;
フェラーリ100台パレードは、大阪市内に本社があるヤンマーのトラクターに先導されてスタート。
このトラクターはエンツォフェラーリをデザインした奥山清行さんのデザインしたトラクターです。
パレード後のフェラーリは、路上で展示されました。
また南区間では、築港赤レンガ倉庫でクラシックカーミュージアムをやっている GLION さんが、TOYOTA 200GT や1923年製の FORD など4台を展示していました。
そして5時前には、フェラーリが行列してお帰りになりました。


















舞洲と夢洲を結ぶ浮体式旋回可動橋の夢舞大橋、11月28日の夜から29日の朝にかけて開閉の訓練が行われました。



22時から通行止めされ、作業開始。
両岸の取り付け部の車道が干渉しないよう、少しジャッキアップされます。 





そして、橋が左右に流れないように固定している反力壁が倒れて開きます。









いよいよ、橋が回転します。
タグボートのような小さめの船一隻で軽々と動きました。
夜半頃までに完全に回転します。







夢洲側に取り残された取り付けスロープ。



舞洲側の倒れた反力壁と支点となる回転軸。
人影から大きさがわかります。



舞洲に接岸した橋。右奥が舞洲です。



閉めるのはだいぶ後になるようなので、ここまでで退散しました。

西宮北口駅から南が高架になっている阪急今津線、西宮ガーデンズ前の高松町の踏切は、普段は電車が通らないので、閉まることはありません。
今津線内の列車を増減するために、回送車が通るときには、踏切が閉まります。
下の踏切が閉まっている写真は、土曜日の19:05ごろです。




 

知る人ぞ知る大阪国際空港(伊丹空港)の職員食堂的なオアシス。大阪国際空港のホームページのレストランの案内には載っていませんが、営業会社である朝日エアポートサービスの案内には地図付きで載っています。
場所は北ターミナル1Fで、中央ブロック北端の喫煙所の横のついたてを右から回り込んで吹き抜けを進み、その奥の右側にあるオアシスのサインのある扉(関係者以外立入禁止と書かれている)を入ったところです。
和食のモーニングは、6時から10時まで、喫茶メニューは7時からです。
和食は自動販売機で食券を買ってカウンターへ、喫茶メニューは喫茶コーナーで注文します。
スカイセットは400円で、ハムエッグとサラダ、サンプルほどは厚くない (^^; トースト、ドリンクという構成です。

参考記事:
http://tabelog.com/osaka/A2706/A270601/27042672/dtlrvwlst/7983394/

2015年11月


喫煙スペース右側のついたてを右から裏へ


奥の建物に入って右側にドアが


このドアを開ければ、そこはオアシス


メニューサンプルが


スカイセット


喫茶メニューはこちらで


和朝食もあります




窓の外はこんな感じ


なぜか新幹線車内販売のスジャータのアイスクリームも売っています。


関連ランキング:定食・食堂 | 大阪空港駅蛍池駅

今日は、うめきた広場で、グランフロント大阪の地域サークルの1つ、PLAYERS SOCIO の Jazz Special ! コンサートがありました。
ラテンジャズ、スタンダードジャズ、ビッグバンドジャズと、いろいろな演奏を聞くことができました。






梅田に行くのに、門戸厄神駅で西宮北口行きを待っていると、嵐山行き直通特急「とげつ」がやってきました。
春にも同じことがありました。ランチタイムに梅田に着こうと思った時に、自然とこの時間になってしまうようです。(^^)
今回も十三で降りて、神戸線から京都線にわたって行くのを見ていて、梅田に着くのは遅くなってしまいました。(^^;

春の嵐山直通特急の記事:
http://fukunishi.blog.jp/archives/28285508.html





兵庫医大病院に行った時、阪神の武庫川駅で。
武庫川線のホームの北、本線の下あたりに回送車が止まっていました。
武庫川線は各駅停車ですが、赤い車両。加速性能は必要ないので、コストの高い青いジェットカーではないそうです。




 

兵庫芸術文化センター前の高松公園で、イルミネーション点灯式が行われました。
今年は、メインツリーのセコイアは増灯、ケヤキはブルーからゴールドに変わったそうです。
式典では、サクソフォンカルテットの Aujourd'hui の演奏もありました。 






 

JR大正駅の西の方にある小さなビストロです。
日替わりランチやパスタランチ、オムライスランチが1000円であります。
パスタランチは、温野菜、パン、コーヒーが付いていて、チーズは自分で削ってかけます。 
この日のパスタは、ラッキーにもカルボナーラでした。 
野菜にこだわりがあるようで、また自家製のおいしいプチパンは、おかわりできます。
そして、デザートを200円で追加できます。デザートは、シロップ漬けとフレッシュなフルーツの盛り合わせになっています。
前日までに電話予約しておくと、ぐるなびクーポンでグラスワインかランチデザートがサービスになります。
一人でやってられるので大変そうですが、いろいろとこだわりの感じられるお店でした。
「食の都・大阪グランプリ」の歴代入賞者のレストランウィーク 2015 Winter 参加店です。

web:
http://r.gnavi.co.jp/k749500/lunch/
食の都・大阪グランプリ
http://www.osaka-iu.com/orweek/

2015年11月











過去のデザート



ビストロ ベッセ・ヴォワール
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:フレンチ | 大正駅ドーム前駅ドーム前千代崎駅

今日、明日は、関西文化の日。
関西各地の美術館・博物館、資料館などの文化施設が無料です。

参加施設:
http://www.kansaibunka.com/bunkanohi/bunkanohi.php?Mode=List_Bunka

パンフレット:
http://www.kansaibunka.com/平成27年度「関西文化の日」パンフレット(pdf)/

今年は、大阪企業家ミュージアム、適塾、大阪市立科学館、国立国際美術館に行ってきました。

去年はコチラ:
http://fukunishi.blog.jp/archives/16874977.html


 

地下鉄四つ橋線の西梅田駅に開業50周年として展示されている画像が話題になっています。
切符を自動改札に通した時に出るパンチカスを使って描かれたドットアートです。
白っぽいオモテ面と黒っぽいウラ面あわせて153,600個を順番に並べて白黒画像を作っているのですが、西梅田駅の助役が作成、300時間かかったそうです。
オモテ面は、ちょうど数字の部分がパンチされるようで、近づいて見ると、白っぽいところには数字が並んでいます。

参考記事:
http://withnews.jp/article/f0151111005qq000000000000000W02j0401qq000012721A










 

バーガーキングの BIG KING の発売記念で、11月29日まで「BIG ___」とつく現物かレシートを持っていくと、BIG KING が120円引き、ポテトMセットが210円引きになります。
「BIG ___」は、もちろんマクドナルドをイメージしているのでしょうが、キャンペーンの説明としては「BIG ___」がつけばよさそうなので、試しに別のものを持って行ってみました。

参考記事:
http://www.bigking.jp/bigwari/


行ったのは、バーガーキングの北心斎橋店、店頭には「BIG KING 誕生」のポスターと並んで、「BIG ___割」のポスターが。


この北心斎橋店は、2軒北側にマクドナルドがあって、ここで「BIG ___」を買って持って来てくださいという感じです。


でも、ここはローソンで「BIG」のつくものを物色します。駄菓子のコーナーがねらい目、ギンビスの BIG BAR Z や有楽のビッグサンダーが54円、よっちゃんの Big カットよっちゃんが63円です。
ここはキャンペーンの説明に忠実に大文字の英字で「BIG」とある BIG BAR Z を購入しました。


そして、バーガーキングへ。
現物かレシートということですが、レシートの表記は「ギンビスビッグバーZ」とカタカナ表記になっているので、やむなく人目を忍んで現物を出して、これで「BIG ___割」になりますか?と聞いたところ、即答でOK。想定内のようです。
こうなると、カタカナの「ビッグ」でもいいのかな?とか、グに濁点が付かない「ビックのボールペン」とかでも通っちゃうかな?とか気になりますね。(^^)


これが、BIG KING 4.0 のポテトMセット。880円が670円になります。




これが、BIG KING の中身。ソースなどは少なめで、パティの味で勝負という感じです。


ちなみに、2軒北のマクドナルド北心斎橋店、11月15日で閉店だそうです。

このページのトップヘ