西宮市内某所の交差点、コーナーにガードポストやガードパイプを何度取り付けても当てられています。壊れていないのを見ることの方が少ないぐらい。(^^;
右左折の多い交差点ではありますが、どうしてこんなに当てられるのか、謎です。

(2017年4月1日)
最近は、ガードパイプの前にブロックの立ち上がりを付けたので、しばらく無事だったのですが、ブロックともどもまたやられていました。








(5月20日)
しばらく壊れたままでしたが、最近作り直されていました。
何日目かわかりませんが、すでに車止めブロックにはこすったあとが付いています。
また、来た向かいの角のポールコーンも本数が増えていました。




(8月26日)
ブロックはこすり跡が付くこともあり、より注意を喚起するためかブロックが黄色に塗られ、少しの間は無事だったのですが、黄色の塗料の上にもこすった跡がつき、ガードレールもまた少し傾いているようです。


(10月15日)
パイプ部分は取り替えられたようです。
足下のブロックはそのまま、支柱も傾きからして元のままかもしれません。
ブロックの削られ跡は少し増えています。


(11月5日)
ガードレール周りの歩道が着色されていました。歩車道境界の視認性を上げるためと思われます。
また、南からの車に向けての反射テープも新たに貼られました。
10月からは新たな接触もなく、擦り跡も増えていないようです。








(12月16日)
歩道部の着色はいいアイデアだと思っていたのですが、今日見たらまたやられていました。(^^;
ブロックはころげ、ガードレールはとれています。 






(2018年1月7日)
しばらく前からカラーコーンの足元を角材でつないだものが置かれています。
これが仮設のものか、しばらくこのままかは不明です。






(1月13日)
理由はわかりませんが、足元の角材が取り去られて、上のバーをテープで固定する形にマイナーチェンジされています。




(1月21日)
また当たってますね。バーが折れてコーンがひしゃげています。
カラーコーンとバーですので被害は少ないですが。




(2月18日)
折れたところがちぎれてました。




(3月10日)
なんかコーンが増えてるぞと思って、近づいてみると、歩車道境界ブロックを据え直していて養生中
コーンとバーで囲まれていました。
今度は、以前の歩道より高いブロックではなく、歩道面と同じ高さのブロックです。






(4月7日)
再度ガードレールが設置されています。
今回は、低いブロックとガードレール、そして進入側にポールコーンが1つ設置されています。
ガードレール当たる前にポールコーンで気づいて欲しいということでしょうか。
今のところ、当たっていないようです。(^^)




(9月16日)
今回は設置後半年近く無事です。
歩道外の街渠部分にあるポールコーンが功を奏しているように思います。