ふらふら関西

Flab-Hula KANSAI

カテゴリ: サイン・広告

祇園界隈で気になったモノ。
三角コーンはもちろん焦げ茶色ですが、一部の箇所ではその上に町家の表にある犬矢来(いぬやらい)風の木製のカバーがかけられています。




随所にある消化ホース格納箱と思われるものもこんな色で、愛宕神社の火の用心のお札と同じ「火廼要慎」の文字が書かれています。


立ち小便防止の鳥居も妙に凝った造形で立体的です。


舞妓さんにはお手を触れないでください(笑)などの外国人向けの注意書きはピクトサインのみです。

 

阪急梅田駅の天井からぶら下がっているフラッグ広告、広大な駅じゅうにぶら下がっています。
今は「伊丹からはJAL」の広告。
112面あるそうですが、すべて降車ホームのようです。
乗車ホームでは、行き先案内などの視認性が落ちるからかな。

web:
http://www.hankyu-ad.jp/trad/station_flag/price04.html





駅に貼ってあった映画「ちはやふる」のポスター、駅名部分がシールなのかと思ったらそうではないようです。
こんな少量のポスターも印刷するようになってきているんですね。


 

阪急梅田駅から阪急百貨店の間の通路に、ほぼ床から天井までの巨大なポスターが。
「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙」のポスターです。選挙期間は7月末までの長丁場。
ちなみに私は、たけのこ党支持者です。(^^)

web:
http://www.meiji.co.jp/sweets/chocolate/kinotake/cmp/2018senkyo/?link=kie18012511


 

大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替工事付近にあった仮復旧舗装のマーキングです。
「梅田1丁目1番地計画」の「うめいち」でしょうか。
「♪ 阪神〜、阪神〜、大阪梅田一番地」 の CM ソングが思い出されます。作詞 野坂昭如、作曲 いずみたくという豪華な組み合わせだったそうな。
今の住居表示では、梅田1-1 ではありませんが、地番は一番地だそうです。


 

ゴミ捨て禁止の看板。
「見てるで!!おい、こら!お前や!」という文句も怖いですが、
顔がもっと怖いです。怒りを表すクマドリを描いた顔みたいです。



日通警備の現金輸送車の背面にもクマドリが配されています。


十三筋沿いの建築工事のための下水工事に伴うものと思われる埋設管のマーキング、力強くかつリアルです。

他所の埋設管調査のマーキングはコチラ:
http://fukunishi.blog.jp/archives/71008970.html





 

松屋町、読み方はみんな「まっちゃまち」だと思いますが、地元のアーケードの表示はそのまま「まっちゃまち」、通り名や交差点名、駅名のローマ字表示は「Matsuyamachi」。
まっちゃまち筋商店街のホームページは、画面内では「MATCHAMACHI」とあるのに、アドレスは「http://www.matuyamati.com」。(^^)







(2017年5月)
京都市の自転車マーク、道路端からの離隔が決まっているので、細い道だと全面自転車用みたいに見えてしまいます。(^^)
そして京都市の自転車マークは前かご付き、交差点手前には、注意喚起マークと停止線もどきのラインが引かれています。







(2016年4月)
京都の御幸通りに、歩道がないにもかかわらず、自転車通行帯の表示がされていました。



また、四条通りの歩道には、自転車には乗らないで押し歩きを推奨するタイルがはめ込まれていました。




 

このページのトップヘ