ふらふら関西

Flab-Hula KANSAI

カテゴリ: サイン・広告

スーパーで目をひいたクレパス風ラムネ、大阪都島のハタ鉱泉が大阪森ノ宮のサクラクレパスのパッケージをモチーフにしたラムネの6本パックです。
赤、青、黄、白、緑、茶の6本入り。味の種類は、メロン、イチゴ、マンゴー、パイン、ピーチ、バナナだそうです。
パッケージには「文字は書けません」という注意書きがされています。(^^)

参考記事:
https://kakakumag.com/food/?id=8406
craypas

クリスタ長堀のトイレのサイン、女性用にはリップスティックが、男性用にはくしのマークが付いています。
それぞれ、パウダールーム、スタイリングコーナーが備わっているようです。
crysta1
crysta2

カンテレ(関西テレビ)が開局60周年ということで、最寄駅の Osaka Metro 扇町駅の改札を出たところにハチエモン駅長がいたり、カンテレ仕様の堺筋線車両のフォトスポットなど、いろいろとディスプレイされています。
JR天満駅にもハチエモン駅長がいるそうです。

参考記事:
https://www.ktv.jp/hachipre/pickup/18041704.html

ogimachi1
ogimachi2
ogimachi3

祇園界隈で気になったモノ。
三角コーンはもちろん焦げ茶色ですが、一部の箇所ではその上に町家の表にある犬矢来(いぬやらい)風の木製のカバーがかけられています。
gion1
gion2
随所にある消化ホース格納箱と思われるものもこんな色で、愛宕神社の火の用心のお札と同じ「火廼要慎」の文字が書かれています。
gion3
立ち小便防止の鳥居も妙に凝った造形で立体的です。
gion4
舞妓さんにはお手を触れないでください(笑)などの外国人向けの注意書きはピクトサインのみです。
gion5

 

阪急梅田駅の天井からぶら下がっているフラッグ広告、広大な駅じゅうにぶら下がっています。
今は「伊丹からはJAL」の広告。
112面あるそうですが、すべて降車ホームのようです。
乗車ホームでは、行き先案内などの視認性が落ちるからかな。
flag1
flag2


大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替工事付近にあった仮復旧舗装のマーキングです。
「梅田1丁目1番地計画」の「うめいち」でしょうか。
「♪ 阪神〜、阪神〜、大阪梅田一番地」 の CM ソングが思い出されます。作詞 野坂昭如、作曲 いずみたくという豪華な組み合わせだったそうな。
今の住居表示では、梅田1-1 ではありませんが、地番は一番地だそうです。
umeichi

 

(2017年5月)
京都市の自転車マーク、道路端からの離隔が決まっているので、細い道だと全面自転車用みたいに見えてしまいます。(^^)
そして京都市では水色が使われず、自転車マークは前かご付き、交差点手前には、注意喚起マークと停止線もどきのラインが引かれています。
kyoto1
kyoto2
kyoto3

(2016年4月)
京都の御幸通りに、歩道がないにもかかわらず、自転車通行帯の表示がされていました。
kyoto4

また、四条通りの歩道には、自転車には乗らないで押し歩きを推奨するタイルがはめ込まれていました。
kyoto5
kyoto6

 

御堂筋の千日前通以南の東側側道、道路空間再編のモデル整備で自転車通行空間ができていますが、それを示す路面表示のサインが、枠に収まらない大胆な構図になっています。
建物壁面の表示としてはよくありますが、道路の路面表示としては珍しいのでは。
横断歩道的なところのサインも大胆です。

参考web:
http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/page/0000378248.html
midosuji1
midosuji2

阪急甲陽線と兵庫県道82号大沢西宮線の踏切近くにある西宮市立大社中学。
その門のところには「死ぬな ケガすな 病気すな」という石碑が建っています。
これまでは、単に勢いのいい標語と思っていたのですが、石碑の側面を見ると、昭和42年12月 交通事故死、昭和43年3月建立と記されています。
検索すると、下の記事の東中学校のところに「正門を上の坂から駆け下りた生徒さんが止まれなくて車道にかけだして事故になった」とされています。
そう思って石碑を見ると全然違う印象になります。

参考記事:
http://nonki.ffvv.net/diary/2009/05/d200905252300.htm
shinuna1
shinuna2

このページのトップヘ