ふらふら関西

Flab-Hula KANSAI

カテゴリ: ドボク・ケンチク・セツビ萌え

建設現場のイメージアップ戦略です。
いろいろがんばってます。




熊谷組のビル建設現場の仮囲い、ホントは大人の目の高さまで透明にできる仮囲いなんだけど、子供でもかがまないと見えない高さに穴を開けて、のぞきこむ楽しみを演出しているものと思われます。






梅田1丁目1番地計画の大阪神ビルディング・新阪急ビル建替工事、なんかパネルが付いてるなとは思ってましたが、近づいてみると、ずいぶんと手の込んだパネルでした。




夜間パネルが光っています


雪だるまのイルミネーション






 

今晩のどぼくカフェは、Loop A 阪神高速ミナミ交流プラザで、片山英資さんを迎えて、土木技術者の想いを伝える「ツタワルドボク」についてのお話でした。

web:
http://www.jsce-kansai.net/wp-content/uploads/2018/01/20180209_FCCcafe.pdf



前回参加したどぼくカフェ:
http://fukunishi.blog.jp/archives/72323703.html 

阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近)連続立体交差事業によって、神崎川にかかる阪急千里線の橋梁が隣りの橋梁に付け替えられました。
元の橋梁の横には台船がいて、取り外しにかかっているようです。
旧橋の橋脚はいろいろなタイプが混ざっているのですが、そのうち円柱の橋脚は、明治から大正時代にここを通っていた官営鉄道のものが残っているそうです。
官営鉄道の東海道線は、大阪駅から淀川を渡るところまではほぼ、現在と同じ位置で、淀川の北岸から東に進み、阪急京都線の崇禅寺から阪急千里線を経てJR京都線と交錯する所まで進み、そこから現在の東海道線につながっていたそうです。
下の2枚の写真は、旧橋を通っていた頃の写真ですが、この円柱の橋脚も、そろそろ見納めです。

参考記事:
http://higashiyodogawaku.goguynet.jp/2017/11/28/shimoshinjoukirikae/






 

とがった建物ファンの皆様、こんにちは。
うちの近くの里道水路と都市計画道路が鋭角に交わる箇所に新築された家です。いちばんとがった部分はウッドデッキになっています。
窓の面積が小さいのも特徴かな。玄関にはやけにレトロなランプが付いています。

とがった中華料理店の記事はこちら:
http://fukunishi.blog.jp/archives/13221149.html








 

阪急十三駅の近くから見える阪急百貨店商品センター、てっぺんが特徴的な形ですが、以前はタイガー計算機のビルでした。
官公庁の建設工事積算などによく使われたタイガー手まわし計算機をモデルにした形なのだそうです。
今は阪急になっていますが、気がつくとすぐ近くに同じ形が、タイガーアネックスと名前のついたマンションがあります。
アネックスですので元々は別館的な位置づけだったのかもしれませんが、現在はこちらのマンションの一室にタイガー計算機の事務所があるだけだそうです。

タイガー手廻計算器についてはコチラ:
http://www.tiger-inc.co.jp/temawashi/temawashi.html








 

職場の近くの建築現場の仮囲い、外開きのドアの部分が切り込んであって、突然ドアが開いても道路上の歩行者に当たらないようになっています。
外開きなので、現場側に突然開くこともありません。


 

(2016年8月)
この前、最終電車で西宮北口に帰ってきた時に、駅構内で作業を始めていたので何かな?と思っていたのですが、昨日下りの降車専用ホームに降りると、耐震補強工事中との張り紙がありました。
火打梁(斜めの補強材)を追加していっているようです。







(2017年2月)
耐震が完了したと思われる柱、配管のある柱はとてもいかつくなっています。
しっかり支えてくれてる感はあります。




 

西宮の幹線道路に設置された電柱が、なぜかボルトで接続された分割柱となっています。
このような電柱は、場所が狭くて搬入や建柱が困難なところで用いられるものと思いませすが、なぜなんでしょうね。




 

下水のマンホールあたりは、下を流れる下水がある程度の温度を持っていることと、マンホールのふたの熱伝導性がいいため、周囲の舗装よりもあったかくなっています。
雪国だと雪の解け方でよくわかるのですが、雪国以外で実感することはあまりありませんが、雨上がりの路面でそれがわかる状態になっていました。

雪国のマンホールはコチラ:
http://fukunishi.blog.jp/archives/1124944.html


このページのトップヘ