ふらふら関西

Flab-Hula KANSAI

カテゴリ: 生き物

西宮北口近くの津門川の上をツバメが往復していましたが、かなり低い高さを飛んでいます。
雨が降るときはツバメが低く飛ぶといいます。餌となる飛ぶ虫が、羽根が湿ると高く飛べないからだそうです。
たしかにパラパラと雨が降ったり止んだりしていました。
Swallow1
Swallow3

(4月26日)
今日は、2羽とも階段上に残った巣にのっていました。
hina

(4月24日)
今日初めて、ツバメが門戸厄神の駅改札付近を飛んでいるのを見つけました。去年よりちょっと遅めです。
2羽いて、1羽が階段上の去年の巣の残っているところ、1羽が盲導鈴横の小さなプルボックスの上にとまっています。
今年は、盲導鈴のボックス上がカバーされていませんが、そこにはとまりませんね。
昨年は、ヒナを見るまでに至りませんでしたが、今年はどうなるでしょうか?
hina1
hina2
hina3

去年のヒナの様子はコチラ:
http://fukunishi.blog.jp/archives/75624733.html

ホームセンターの花の売り場にチョウやハチが飛んで来ていました。
どうも黄色い花が人気のようです。
黄色は昆虫の目に認識しやすい色のようですね。

yellowflower1
yellowflower2
yellowflower3

(4月4日)
毎年ツバメの巣ができてひなが見られる門戸厄神駅の改札の横の盲導鈴のボックスの上、ことしはカバーされて巣作りできないようになっています。
ツバメは、代わりにどこに巣をつくるかな?
hina01
hina02

(4月26日)
盲導鈴の上がカバーされているので、となりの小さなプルボックスの上で作業しているようです。
朝より夜の方がだいぶ大きくなっていますが、このスペースでひなを育てるのは無理ではないのかなあ。
売店の上でお悩みの様子。
駅を出て少し西に向かうとツバメが飛んでいたので、廻りを探すと、ちこまーとの横の壁に巣があって、こちらは落下物対策がしてあります。
hina03
hina04
hina05
hina06
hina07
hina08

(4月30日)
小さなプルボックスの上の巣は完成したようで、1羽がじっとしています。
駅の方も容認したようで、ダンボールで落下物対策がされました。
hina09
hina10
hina11

(5月1日)
いつもの改札内の盲導鈴の上がカバーされているので、今年はとなりの小さなプルボックスの上にツバメが巣を作っていますが、改札を出てふと見上げると改札の外の切符自動販売機の上の盲導鈴のケーブルに別のツバメがとまっています。
よく見ると盲導鈴の上に巣を作っているようです。こちらは改札内の盲導鈴に比べて天井までの距離がとても短いのですが、がんばって巣作りを行なっているようです。
hina12
hina13

(5月14日)
ちこまーとの横の壁にあった巣は、落下物対策までしてあったのに、除却されてしまいました。(^^;
hina14

(6月22日)
門戸厄神駅の階段の上、何かあります。
看板に張り付いたくまさんの顔みたいな。(^^)
下の写真が、ここの住人です。
一方で、改札の外の切符自動販売機の上の盲導鈴の巣は、あきらめたようです。
hina15
hina16
hina17

(7月13日)
この数日、改札内の小さなプルボックスの上にも階段の上にもつばめがいません。
先にいなくなっていた改札外の切符自動販売機の上の盲導鈴も含めて、すべていなくなってしまいました。
今年は、門戸厄神駅でひなは産まれずでしょうか?
hina18
hina19

去年のヒナの様子はコチラ:
http://fukunishi.blog.jp/archives/70533382.html 

(2017年11月)
高圧線の鉄塔にあった巣のようなものもなくなっていました。
nest1
nest2

(2017年10月)
以前、電柱の上で製作中だった巣、見つけた時に関電に連絡しましたが、久しぶりに下を通ったら、なくなってきれいになっていました。
nest3

(2017年8月)
高圧線の鉄塔、巣のようなものが見えます。
電線からは距離があるから、危険は少ないか。
nest4
nest5

(2016年3月)
電柱の上でカラスがうるさいので、見上げると枯れ枝が集められつつあるようです。巣作りでしょうか。
犯人は、隣の電柱にいたコイツですね。
nest6
nest7
 

夕暮れ時に西宮を歩いていると、川や用水路の上をしきりにコウモリが飛んでいます。
昼間はどこで過ごしているんでしょう。
bat1
西宮北口駅近くの津門川で
bat2
bat3
bat4
bat5
bat6
門戸厄神駅前の旧西国街道沿いの用水路で 

(4月18日)
門戸厄神駅の改札の横の盲導鈴のボックスの上にツバメが戻ってきています。
巣の中に卵があるのかどうかは不明です。
hina01

(5月16日)
今日は、複数のヒナが確認できました。
大きな口を開けてエサをもらっています。
hina02
hina03
hina04

(5月19日)
4つのちいさなくちばしを確認しました。
hina05

(5月20日)
モーニングに行く前後に見ていましたが、ひなは6羽いるようです。
hina06
hina07
hina08
hina09
hina10

(5月27日)
ひなは大きくなってきているようで、巣も狭くなってきました。
hina11
hina12
hina13

(6月2日)
大きさも色合いも大人っぽくなって、もう巣の形はほとんどありません。
hina14

(6月3日)
午前中見たら、すでに1羽もいなくなっていました。
昨日の朝から今日の朝までにみんな巣立っていったのかな。
hina15

(6月5日)
巣のあったところの周辺にツバメが飛んでいました。
元の親鳥か、成長した小鳥か、はたまた別の親鳥か、わかりません。
hina16

(6月15日)
前と同じつがいか違うつがいかわかりませんが、ヒナが大きくなってつぶれてしまった巣をつくりなおしました。
留守にしていることが多いので、卵を産むために一生懸命に栄養を蓄えているのでしょうか?
hina17

(6月23日)
このところ、1羽が常に巣に留まってますので、卵を温めてるかもしれません。
hina18

(7月5日)
最近、親鳥が巣を離れることがあるようになったので、もう生まれているのかなと思っていましたが、ひならしきものが確認できました。何羽かはわかりません。
両親で交互にエサを集めて与えているようです。
hina19
hina20
hina21
hina22
hina23
hina24

(7月11日)
ヒナに黒っぽい毛が生えてきました。4匹は確認できました。
hina25
hina26
hina27
hina28
hina29
hina30

(7月14日)
エサやりが終わった後は、2匹の親鳥は、ヒナのいる巣ではなく、別の場所で休んでいます。
hina31
hina32

(7月20日)
だいぶ大人っぽくなってきました。時々羽も動かしています。
hina33
hina34
hina35
hina36
hina37
hina38

(7月25日)
ひなは2羽になっています。すでに2羽は巣立ったのでしょう。
巣に余裕が出てきたので、親が一緒に巣に入っていることもあります。
hina39
hina40

去年のヒナの様子はコチラ:
http://fukunishi.blog.jp/archives/61592771.html

今津のコーナンPROに行ったら、出入り口の1つのど真ん中に通路をふさぐ看板が置いてありました。
上にツバメの巣があるので注意という内容で、上を見ると自動ドアのセンサーの上に巣があります。
門戸厄神駅の巣に比べると随分と狭い場所にあって、羽ばたこうとするぐらい成長したひなが4羽は見えているのでかなり窮屈そうです。落ちないようにね。

門戸厄神駅のひなはコチラ:
http://fukunishi.blog.jp/archives/70533382.html
swallow1
swallow2
swallow3
swallow4
swallow5
swallow6

(6月9日)
西宮北口駅で最終電車を降りたあとの深夜の津門川、真っ暗な中で何か動いています。
写真を撮ってみると、ピンボケしている中に光る2つの目、ぼんやりと2匹のヌートリアが写っていました。
なんとか撮ろうとしますが、真っ暗で全くピントが合わない。
たまたま撮れたのが2枚目の川の中を泳いでいる1匹。右の方には大きな魚らしきものも見えます。
こちら側に泳ぎ着いたところで、やっと1枚撮れていました。(^^)
nu1
nu2
nu3

(6月12日)
夕暮れ前の明るいうちに津門川の横を通ると、川の中に親子3匹のヌートリアが。
泳いだり、岸に上がったり、排水管から頭をだしたりしていました。
nu4
nu5
nu6
nu7
nu8


去年の津門川のヌートリアはこちら:
http://fukunishi.blog.jp/archives/61108370.html

帰宅時に北浜のとあるビルの前の植え込みで、セミの幼虫がはっているのを発見。
やわらかい葉っぱを登ろうとするので、登っている途中で自分の重みで先が下を向いてしまうという状況に、しばらく悩んでいましたが、葉っぱを2枚つかんでなんとか居場所を確保、2時間ぐらいかかりましたが、無事羽化しました。
semi01
お悩み中
semi02
居場所を見つける
semi03
背中が割れてきました
semi04
頭からこんにちは
semi05
この時点で羽はとてもコンパクト
semi06
反り返る
semi07
ちょっと羽が拡がる
semi08
さらに拡がる
semi09
しっぽも出る
semi10
羽がまっすぐに
semi11
羽の角度も変わってセミの形に

(6月13日)
門戸厄神駅から出ようとしていると、改札の横の盲導鈴ボックスを見上げる人が何人かいました。
見てみると、ツバメが一匹います。足元には土がいくらか盛られていて巣になっているようでした。
その鳥が飛び立って、また戻ってくると、土に見えていたところからチーチーと音がして、下の写真のような状態に。たくさんのひながいたのでした。
hina1
hina2

(6月20日)
1週間でずいぶんと大きくなりました。巣に収まりきらないくらいになっていて、今にも飛べそうな感じにも見えます。
盲導鈴の上が狭くなったのか、親鳥も対面側の案内表示板の上に止まっていたりします。
hina3
hina4
hina5

(6月23日)
門戸厄神駅のツバメのひな。
今週頭にはだいぶ大きくなっていましたが、今朝見ると2羽に減っています。すでに何羽か巣立ったのでしょう。
夜には、残り1羽に。飛び立つための練習中です。
hina6
hina7

(6月25日)
そして誰もいなくなりました。
hina8

 

西宮北口近くの津門川に人が集まっていました。
まわりでは「ビーバーや」とか「カピバラや」とか言っていましたが、津門川にヌートリアがいるというのは聞いていたので、ヌートリアだと思います。
いつも津門川にいる巨大な鯉と泳いだり、ちょとした岸辺に上がったりしていました。水かきのある足も見えます。
nu1
nu2
nu3
nu4
nu5

今週末の千僧駐屯地一般開放が熊本地震対応のため中止となったことから、茶屋町一帯で行われている「チャリウッド2016」の音楽イベントを見てきました。
「チャリウッド」といっても自転車関係の催しではありません。茶屋町の「チャ」とハリウッドの「リウッド」を引っ付けたものです。(^^)

(5月14日)
いろいろなイベントがありますが、音楽イベントは、MBS1Fちゃブラスステージ、MARUZEN&ジュンク堂前での大阪芸大の卒業生や在校生によるBIGバンドやコンボのジャズ演奏、NU chayamachi の特設ステージでの様々な歌手、グループのステージとなります。
NU chayamachi に行った時には、ワタナベフラワーというグループが大盛り上がりしていました。
cha01
セーラー服仕様のライ4ちゃん
cha02
cha03
BIGバンド演奏
cha04
cha05
cha06
cha07
コンボ演奏
cha08
cha09
cha10
ワタナベフラワー

(5月15日)
昨日に引き続き、茶屋町一帯で行われている「チャリウッド2016」の音楽イベントを見てきました。
MBS1Fちゃブラスステージ、MARUZEN&ジュンク堂前での大阪芸大の卒業生や在校生によるBIGバンドやコンボのジャズ演奏です。
また、NU chayamachi の特設ステージでは、ABCの乾麻梨子アナ、OBCの藤川貴央アナ、MBSの玉巻映美アナ、福島のぶひろアナ、バスガイド出身でピン芸人の堀川恵美さんという局横断のメンバーで、ワイドFMの告知をしていました。
他に、RedBullの配布、 神戸モンキーズ劇場から大田美由紀さんと甘えたさんのサルも来ていました。

web:
http://www.mbs.jp/challywood/
cha11
cha12
cha13
cha14
cha15
cha16
cha17
cha18
大阪芸大の卒業生や在校生によるBIGバンドやコンボのジャズ演奏
cha19
ABCの乾麻梨子アナ、OBCの藤川貴央アナ、MBSの玉巻映美アナ
cha20
MBSの福島のぶひろアナ、バスガイド出身でピン芸人の堀川恵美さん
cha21
cha22
cha23
神戸モンキーズ劇場の大田美由紀さんと甘えたさんのサル 

このページのトップヘ