ふらふら関西

Flab-Hula KANSAI

カテゴリ: Water Transport Watch

タイ・バンコクのチャオプラヤー川のディナークルーズ船に乗ってみました。
日が暮れると、いくつかのディナークルーズ船が行き来しています。
乗った船は、ガラスの中の席も外の席もありましたが、当日は雨模様のため、屋根のない部分は使われていませんでした。食事はバイキングです。
ワットアルンや王宮・ワットポーなどがライトアップされていました。












 

タイの個人タクシー的な船です。
細長い船体に自動車のエンジンを積んで、シャフトから伸びたスクリュー部分を水中に入れて進みます。
エンジンが露出しているので、積んでいるエンジン自慢をしているような感じです。
値段は船によるので、不明瞭なところもあるようで、個人で乗るのは勇気がいりそうです。







 

タイ・バンコクのチャオプラヤー川の路線バス的な船、チャオプラヤー・エクスプレス・フラッグボート。
船の上に立っている旗の色によって、立ち寄る桟橋が異なります。
チケット売り場のない桟橋から乗船した場合には、船内で小銭の入った缶を振りながら歩いているおねえさんからチケットを買います。






 

タイ・バンコクを流れるチャオプラヤ川のBTS(スカイトレイン)サパーンタクシン駅近くの桟橋には、沿川のホテルの無料送迎船が集まってきます。
Royal Orchid Sheraton Hotel and Towers を利用しましたが、お迎えの船ではおしぼりとミネラルウォーターのサービスがありました。








 

お寺巡りのつきあいで舞鶴に行った途中で海上自衛隊の北吸桟橋に寄りました。
土日祝は岸壁が開放されているようですが、今日は憲法記念日で、停泊している艦船には旗を連ねて飾る満艦飾が施されていました。
ヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」、イージス護衛艦「みょうこう」、護衛艦「ふゆづき」などが停泊していました。
岸壁からみた「ひゅうが」は巨大なのはわかりますが、ヘリコプター甲板が見えないので、岸壁が見下ろせる丘に上がってみました。
なんとか「ひゅうが」の甲板が見える他、イージス護衛艦「みょうこう」の対岸に同じイージス護衛艦の「あたご」が見通せました。








 

今日は、水都大阪フェス2016の1プログラムとしてフェラーリ リバーサイドパーティーが実施されました。
今年は、フェラーリが日本の公道を走れるようになって50周年だそうです。
フェラーリリバーパレードでは、天神橋北詰から台船にフェラーリを積み込み、東横堀川を通って、道頓堀のセレモニー会場に向かって行きました。
また、中之島の陸上でも多数のフェラーリが展示されていました。

web:
http://suito-osaka.jp/event-list/ferrari-riverside-party2016.html
昨年の御堂筋フェラーリ100台パレードはこちら:
http://fukunishi.blog.jp/archives/49280032.html



















 

今日は、はじめてクイーン・エリザベスが大阪港天保山岸壁に入港しました。
天保山渡船には長い行列が、、、、桜島側も行列長いです。
と思ってると、クイーン・エリザベスだけじゃなくて、対岸の桜島岸壁には海上自衛隊の艦船が3隻着岸して、うち1隻は一般公開しているそうです。
そりゃ渡船が混むハズです。今日はダイヤに関係なくピストン運転です。
渡船上から写真撮影する人多数、海上もいつもになく船舶が集まっていました。
















 

今晩は、道頓堀川において、難波八阪神社の船渡御が行われました。
橋の下をくぐる際には、提灯やのぼりを倒して背を低くします。
マダムシンコの船には村上ショージや千鳥の大悟が乗っていました。










 

今日は大阪港にダイアモンド・プリンセスという超大型のクルーズ客船が来ていました。 天保山からはその大きさは実感できますが、全貌を見ることは難しいです。 そんな時は、天保山渡しをご利用ください。 対岸の此花区側から全貌を捕えることができます。 もちろん船上からも見れますよ。無料です。 7月24日は午後からサン・プリンセスが、9月27日は朝からシープリンセスが入港予定だそうです。









これは天保山登頂に向かう子ども達とダイヤモンド・プリンセス

このページのトップヘ